記事リスト

勉強

児童期からの書く力

作文や小論文は、一朝一夕に身につくものではありません。ぼんやりと日常を過ごしているならば、書けないものです。これからの時代、子供達に求められているものは、書く力です。子供は、一度コツを掴むと急速に文章力が伸びていきます。これからの社会を生きていくためにも、書くことを得意にしておくことが重要なのです。

勉強

教育は小学生から始まる

小学生から勉強の習慣をつけるために、個別指導の塾で勉強をすることが必要になります。尼崎だけでなく周辺の塾も見ながら探すのがいいと思います。その時その時に合った塾を選ぶことがお子さんの成長を手助けできます。

男女

たくさんの合格者がいる

東京には様々な優れた講師がいる医学部予備校があり、人気講師がいる場所は県外からも多くの人が入校しています。医学部予備校が人気を集めている理由はその合格率の高さです。もちろん難関大学にも多くの合格者を出しています。

原稿用紙

入学試験と動機

入学試験においては、志望動機の記載を求められることが多い。志望動機を記載する際には、例文を参考にし良い点を学ぶことが効果的である。学習したい内容やその学校を選んだ理由などを背景を交えながら記載するとより良い。

原稿用紙

求められる文章力

物事を的確に分析し、表現するためには、書く力を伸ばさなければなりません。また、根拠を明確にし自分の意見を表現するためにも、書く力が必要となります。今後、益々小論文が試験の一つとして採用されていく中で、子供達に書くことの楽しさを伝える必要があるのです。

学びたい気持ちを伝える

本

自分の意思を明確にする

中学、高校、大学の入試の際に志望理由書等に志望動機を書くことがある。『この学校で学びたい』という思いを文章にして学校側に伝えるのだが、気を付けたいこともある。例えば、学校のホームページ等を見て、その内容だけを連ねても意思は伝わりにくい。志望動機の中には、「何故自分がこの分野を勉強したいのか」「数ある学校の中で何故この学校を選んだのか」という自分の意思が必要である。その意思を具体的に裏付けるためにその学校のどんなところに魅力を感じたかを内容に盛り込むことでより伝わりやすくなるのである。また、志望動機を書く際に、インターネットに載っている志望動機の例文を参考にした人もいるのではないだろうか。学校側に伝わりやすい文章にするために例文をもとにして作成するのも1つの方法である。しかし、例文を完全にコピーしてしまうと、定型的な文章になってしまい、熱意が伝わりにくい。例文を参考にして志望動機を考えるときは、自己分析と学校分析を行った上で作成することが望ましい。また、志望動機に自分の意思を盛り込むことで、その後の面接での受け答えがしやすくなる。自分の意思を明確にし、具体的な理由を自身で考えているため、自信を持って発言ができる。自分の意思を自信を持って伝えることで、試験管にもその熱意が伝えられるだろう。「この学校に入学したい」という気持ちを伝えるために「何故ここに入学したいのだろう」と自分で考え、表現する。そうすることで、その思いは伝わるであろう。