記事リスト

求められる文章力

原稿用紙

子供達への提案

ひと昔前まで学生に求められるものといえば、「如何に正解を出すか」「間違わずに、正解するか」ということでした。しかし、グローバル社会が進んだ今日では、「物事をどの様に考え、解決することができるのか」という能力が強く求められ、そのために必要なものが「文章力」だと考えられてきたのです。 近年の大学入試や入社試験では、小論文の提出を求められることが多くなってきました。私達の多くがそうであるように、簡単に小論文を書くことはできません。普段から物事をよく考え、整理し、まとめている習慣をつけていなければ、文章は書けないのです。 一朝一夕に小論文が書けないように、一晩で物事を深く捉えることは不可能です。常日頃から日常をよく見渡し、意識することで、小論文が書けるようになるのです。 高度な文章力が求められている今日、小学生の頃から書く力を身につけることが大切なのです。大人になればなるほど、書くことへの苦手意識は高まるものです。そのためにも、あまり苦手意識を感じにくい小学生の頃から、文章を書く練習をするのが良いのです。 書く力は、全ての学習基盤になり得ます。文章力だけではなく、考える力や読む力、更に語彙力まで身に付けることがで出来るのです。それだけにとどまらず、自分の考えを発信し、的確に表現する力を手に入れることが出来るのです。 文章力は、入学・入社試験のためだけに役立つものではないのです。多様化が進む今日において、子供の財産となる非常に有益な能力なのです。